話題の歩いて稼ぐ『Move to Earn』は実際に稼げるのか?

Move To Earn

最近STEPNが有名だけど、そもそもMove to Earnって何?

最近話題の歩数や位置情報をもとに報酬として仮想通貨が貰える仕組みのことだよ!

Move to Earnとは?

Move to Earnとは「動いて稼ぐ」を意味する造語です。

他にもPlay to Earn(遊んで稼ぐ),Eat to Earn(食べて稼ぐ)やSleep to Earn(寝て稼ぐ)などがあります。
Play to Earnはゲームをプレイすることでその報酬として仮想通貨が貰える仕組みとなっており、最近話題のNFTゲームなどはPlay to Earnのジャンルになります。

どういう仕組み?

歩いたり走ったりする報酬として仮想通貨を貰える仕組みのことです。
スマホのGPS機能やヘルスケア機能と連動させ、歩数や距離に応じて仮想通貨がもらえます。
貰った仮想通貨を国内取引所に移動させ換金することで現金が手に入ります。
歩数計アプリとしてGPS機能を使用してポイントやギフトカードが貰える「トリマ」等がありますがこちらは仮想通貨版としてイメージしていただいて問題ないと思います。

無料で始められるものもありますが基本的にはアプリ内でNFTを購入しそれを元手に報酬を貰うことができます。また購入したNFTは自由に売買することができるため報酬の他にNFT価格の高騰で利益を出すことも可能です。

・歩数やGPSと連動させる
・報酬の仮想通貨、NFTに価値が付くことで成り立つ

メリットは?

「Move to Earn」は稼げるということが最大のメリットでありますが、それぞれのコンテンツを通して楽しみながら運動ができることも特徴の一つです。
話題のSTEPNを筆頭にその他多種多様なアプリがあるため自分が惹かれるコンテンツ、稼げそうなコンテンツを中から選んで始めることができます。

デメリットは?

条件の一つである「動く」ことが日常的に難しい方にはあまりおすすめできません。
アプリによっては報酬を貰うための最低歩数が4000歩といった条件を設けているものもあります。
日常的に一定時間、軽い散歩などの運動や移動ができる方であれば問題ありません。

話題のSTEPNとは?

アプリ名STEPN
参加者数*49.2万人
対応ネットワークイーサリアムチェーン/バイナンスチェーン
ユーティリティトークンGST/GMT
*2022/5/12時点
仮想通貨の価格が31倍にも??

STEPNが発行する仮想通貨GMTの価格が2ヶ月足らずで約31倍にも高騰したことから多数のユーザーから注目を集めました。
今現在の時価総額は1170億円相当で仮想通貨市場でもランキング60位と上位に位置していることからも需要の多さを示しています。

CoinMarketCapから引用

なぜ人気なのか?

それではなぜMove to Earnがここまで人気なのでしょうか?理由としては以下と考えます。

・フィットネスはジャンルとして参加しやすい
・仮想通貨の小難しい知識がほぼ不要

Play to Earnのようなゲームの場合、一定条件のPC環境が必要であったり特定のコミュニティに絞られるためある程度ターゲットが狭まります。しかしMove to Earnにおいて、フィットネスの中でも歩くといった簡単な運動のため、誰でも親しみ易く気軽に始められることからユーザーが急拡大でき人気が得られたと考えられます。
またアプリを使用する際、仮想通貨についての知識がほぼ不要(あるに越したことはないですが•••)かつアプリのUIがとても見やすく簡単に操作できる点も人気の理由の一つだと考えます。

Move to Earn を始めるには?

Move to Earnをとにかくやってみようという方は、ひとまずコンテンツが何であれ下記流れに沿えば始めることが可能です。

①国内取引所の口座開設をする。(換金時&有料の場合必要)
②アプリ対応の仮想通貨を購入する(有料の場合必要)
③Move to Earn アプリをダウンロードする。
④歩いて報酬(仮想通貨)を貰う。
⑤保有するor国内取引所で換金する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました