P2P(ピアツーピア)とは?用語の意味と特徴について簡単解説!

未分類

P2Pとは?

P2Pとは「Peer to Peer」の略称で中央サーバーを用意せず個々の端末(Peer)が互いに直接データのやり取りができる通信技術、ソフトウェアのことです。

仮想通貨においてデータのやり取りを個人間で行うことを指します。また仮想通貨において特異なてんは、そのやり取りの整合性のための技術がブロックチェーンであることです。

P2Pのメリット

仮想通貨におけるP2Pのメリットとしては安全性や負荷の軽減が挙げられます。
・クライアント・サーバ型ではサーバで情報の一極管理を行なっているためハッキングによる外部への流出やサーバーへ負荷がかかりすぎることによりダウンすることがあります。
・P2P型ではネットワーク上にデータが分散されているため、全てのノード情報を把握されにくく匿名性を確保しやすくなっています。またネットワーク上に負荷を分散させることができるため、処理速度が速くダウンする心配もありません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました