スマートコントラクトとは?用語の意味と特徴について簡単解説!

用語集

スマートコントラクトって何?

あらかじめ決められた契約に従い、ブロックチェーンを用いて自動的に取引を行う仕組みのことだよ!もっと分かりやすく説明するよ!

スマートコントラクトとは?

スマート・コントラクトとは、ある契約・取引について「特定の条件が満たされた場合に、決められた処理が自動的に実行される」といった、契約履行管理の自動化を指します。

もう少し簡単に説明するとあらかじめ設定されたルールに従い、ブロックチェーン上のトランザクション(取引)、もしくはブロックチェーン外から取り込まれた情報をトリガーにして実行されるプログラムのことです。

仕組み

簡単な仕組みの説明としてはブロックチェーン上のコードに記述された、 単純な「if / when…then…(~なら、~する)」式の文章に従うことで機能します。 コンピューターのネットワークは、所定の条件が満たされ、検証されたときにアクションを実行します。  

自動販売機の仕組みと同じ?

スマートコントラクトを説明する際に自動販売機が例としてよく挙げられます。
自動販売機の使用の流れとしては
①必要金額の投入 ②購入する商品のボタンを押下 ③プログラムが実行され商品が出てくる
この流れがスマートコントラクトにおける
①契約の事前定義→②イベントの発生→③契約の執行
と共通しておりスマートコントラクトの概念を理解する良い例とされています。

引用元:Fintech journal https://www.sbbit.jp/article/fj/40394

スマートコントラクトのメリットは?

ブロックチェーンにおけるスマートコントラクトのメリットは下記が挙げられます。

・正確且つ効率が良い
・信頼性、透明性が高い
・セキュリティーが高い
・低コストである

トリガーが発生すると直ちに契約が実行されると同時に自動で実行されるため「正確性」「効率性」において利点が挙げられます。
また取引者間のみの契約のため第三者が仲介することはないため「信頼性」があるといえます。ブロックチェーン上の取引も全て公開されるため不正が難しく、「透明性」「セキュリティ」においても利点があります。

また取引間に第三者の仲介やそれに伴う手数料などは発生しないため低コストでの契約履行が可能な点もスマートコントラクトのメリットです。

スマートコントラクトのデメリットは?

スマートコントラクトにおけるデメリットとしてはツールが完全ではない可能性があるということです。
自動化するためのプログラミングは手作業で行われるためミスがあった場合はバグが発生しますし、脆弱な場合はハッキングの被害に遭う可能性もあります。
スマートコントラクトを利用する際には、信頼と実績のある企業のツールを使用し、リスクを理解した上で使用することをお勧めします。

使用例は?

ブロックチェーン上にスマートコントラクトを実装している仮想通貨としては「イーサリアム(ETH)」が広く知られています。

イーサリアムはブロックチェーン技術を用いて中央管理者が不在でも自立機能する「分散型アプリケーション」を構築するためのプラットフォームです。

P2P上での取引においてスマートコントラクト機能より管理者不在のまま自動的に契約を実行することができます。

これに対してビットコインはP2P上で金銭取引を正しく行う環境を提供しているだけです。

その点においてはビットコインもスマートコントラクトであると言えますが両者の違いはビットコインは決済取引を仲介する通貨としての機能のみを有している、イーサリアムは分散型アプリなど通貨以外においても広く応用できるということです。

ユニスワップ(Uniswap)

ブロックチェーン上で取引が行われる分散型取引所(DEX)もスマートコントラクトのプロセスが含まれています

P2PネットワークであるDEXでは、暗号資産を取引したい人同士が自身の秘密鍵とコントラクトアドレスを用いて直接取引することが可能で、決済までの取引プロセスが自動で行われます。

なかでもUniswapはAMM(自動マーケットメーカー)という取引に分別され、スマートコントラクト(プログラム)が取引所内にプール(預入)されている通貨の量から価格を瞬時に計算して円滑に取引ができるようになっています。

AMM:Automated Market Makerの略
UniswapのようなAMMが主流となる以前は、DEXによるトークンの交換は売り手と買い手がマッチングする必要があり、マイナーなトークンペアの交換がしづらい、取引成立までに時間を要すという課題がありました。この課題に対する解決策のひとつとして、UniswapがスマートコントラクトベースのAMMを実装した経緯があります。

仮想通貨以外にも幅広い活用機会がある

スマートコントラクトの活用機会としては仮想通貨のP2P取引の自動化だけではなく実生活での様々なコントラクト(契約)における場面で実用可能性が期待されています

貿易などは手続きの量や紙媒体での処理が多く、手続きの遅延やミスが問題となっています。また不正貿易などの犯罪などもあります。
スマートコントラクトを用いることで必要な情報を入力することで処理が実行され、尚且つ取引が公開されていることで不正や改ざんなどの心配もなく手続き上のミスなども減らせるため多いに活用機会が見込まれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました