XRPLトークンのLoxNetworkについて簡単解説! $LOX $SmartLOX $SmartNFT~セキュリティ~

XRPLedgerまとめ

LoxNetworkとは?何のトークン?

LoxnetworkはXRPL上で活動するセキュリティアプリの開発を手がけるプロジェクトです。
携帯電話盗難業界にターゲットを置いており、デバイスと所有者の紐付けをXRPLを用いて証明します。

またLoxnetworkが発行する仮想通貨は3種類あります。

LOXはLoxNetwork上で取引などに使われるトークンであり

SmartLOXはモバイルセキュリティアプリ用のトークン

SmartNFTは個人認証用データのプラットフォーム上のトークンのようです。

詳細はホワイトペーパーを一読頂きたいですが、少々長いです。

重要と感じる箇所を”強調“していますのでそのキーワードだけ目を通せば全体感がわかると思います!

Lox Networkの近況 2022.6.5更新

最近の主なLoxnetworkの情報です。
・アプリのβ版のリリースが近日中に公開される予定とのこと
・LoxFoundersNFTのエアドロップ

LoxFoundersNFTのエアドロップ対象者はアプリのβ版に参加することが可能なようです。
アプリ参加による具体的なメリットについては公開されていません。

$MetaLOX エアドロップ

メタバースにも着手するようで、MetaLOXはユーティリティトークンのようです。

$LOX、$SmartLOX、$SmartNFTに対して$MetaLOXをエアドロされるとのこと。


原文はこちら

取引所

LoxNetworkが発行する仮想通貨はBiture, Probitの取引所で取引が可能です。

またDEXでの取引も可能です。

SNS

リンクツリー
$Lox,$SmartLox,$SmartNFTのトラストラインも下記からアクセスできます

@Loxnetwork | LinktreeLoxNetwork, Latest Updates/Newslinktr.ee

Whitepaper

世界のスマートフォン犯罪問題

2007年にアップル社がiPhoneを発表して以来、私たちの生活はますますこの小さな携帯端末に凝縮されていきました。
私たちの生活は、この小さな携帯端末にますます凝縮され、私たちの行動の中心となっています。スマートフォンは、あらゆることができるデバイスです。ナビゲーション、健康モニタリング、社交、バンキング、決済、ショッピング、エンターテイメントなど、あらゆることが可能です。
スマートフォンは、ナビゲーション、健康モニタリング、社交、バンキング、決済、ショッピング、エンターテインメントなど、すべてのことを親指2本とちょっとした器用さで実現しています。
Pew Research Centerのレポートによると、「50億人がモバイル機器を持っている」と推定されています。
また、Statista社のレポートによると、「世界中のスマートフォンの契約数は、現在60億を超えています。
また、Statistaによると、「スマートフォンの契約数は世界で60億を超えており、今後も数億の増加が見込まれている」とのことです。
スマートフォンの所有数が世界の人口に匹敵するようになるにつれ、スマートフォンを使った犯罪も急増しています。
いくつかの国では、スマートフォンの盗難が最大で80%増加していると報告されています。
米国では「スマートフォン盗難のパンデミック」と呼ばれています。
通信業界の専門家がFinancial Timesに語ったところによると、保険金の支払いで年間約170億ドルの損失を被っているそうです。
通信業界の専門家はFinancial Timesに対し、保険金の支払いだけで年間170億ドル近い損失を被っていると推定しています。
携帯電話会社は、紛失や盗難の届け出があったスマートフォンに、端末固有の国際番号を付けたブラックリストを運用しています。
携帯電話会社は、紛失や盗難の報告を受けたスマートフォンに、端末固有の国際移動体通信機器識別番号(IMEI)を付けてブラックリストを作成しています
これは、盗難されたデバイスが盗難された国で使用されるのを効果的に防止することができます。
盗まれたデバイスは、盗まれた国での使用を効果的に防ぐことができますが、そのデバイスが別の国に出荷された場合には、まったく効果がないことがあります。
ブロックを回避して、ほぼすべての国で簡単にアクティベーションできるようにするチュートリアルやサードパーティのサービスが646,000件以上見つかりました。これを可能にしているのはワイヤレスキャリアのブラックリストが相互に連携していないという事実です。これがグローバル化した世界で電話機の盗難が拡散する大きな盲点となっています。

<<スマートフォンの盗難が多発している>>

300億ドル規模のスマートフォン盗難の大流行は、皮肉なことに、電話会社が独自に考案した問題を防止するための設計が可能にしています。残念ながら、このような犯罪を防ぐためのブラックリストシステムは国やネットワークごとに隔離された状態で運用されています。これは一般的に携帯電話会社のプログラムは互いに連携しておらず、盗難されたデバイスを逃がす大きな隙があるのです。
携帯電話会社は、当然のことながら、お互いに激しい競争を繰り広げています。
電話会社は、どの電波を使うか(GSMかCDMAか)など、可能な限り独自の規格を採用しています。
信号の種類(GSMまたはCDMA)をはじめとする数多くの規格を採用しています。しかし、スマートフォンの識別に関して、ワイヤレスキャリアは1つのグローバルスタンダードを採用しています。それがIMEI番号です
すべての携帯電話機には固有のIMEIが割り当てられており、個人、通信事業者、法執行機関、保険会社は、このIMEIを使ってスマートフォンを追跡することができる。
個人、通信事業者、法執行機関、保険会社は、盗まれた携帯電話を追跡したり、少なくともブラックリストに入れたりすることができます。

スクリーンショット 2021-12-04 0.15.50

<<IMEIブラックリストは広く採用されていない>>

IMEI番号は、理論的には、盗難された携帯電話にフラグを立てたり追跡したりするのに最適です。残念なことにキャリアが運営するIMEIブラックリストの集中化と分離は、いくつかの問題を引き起こしています。
それは下記三つの問題です。

①IMEIブラックリストは、国によって地理的に制限されている。

②あるワイヤレスキャリアは特定のブラックリストを尊重する。
しかし、他のキャリアは尊重せず、一貫性のないものとなっている。

③IMEIブラックリストは多くの場合、独自に保有されていることが多く、法執行機関や保険会社、個人がブラックリストデータにアクセスして利用することは困難です。

しかし、世界共通のIMEIブラックリストを作成する試みがなされていないわけではない。モバイルネットワークの業界団体であるGSMAは 「GSMA Global IMEI Blacklist」を作成した。GSMAは全世界に広がり 110のキャリアネットワークのブラックリストの規格を統一しました

スクリーンショット 2021-12-04 0.22.02

<<統一化されたブラックリストは特定の利益団体に大きな力を与えてしまう>>

しかし、GSMAのような中央集権的で利害関係者中心のグループは、業界の取り組みと一致しないネットワークを排除します。
さらに、GSMAのような業界団体の中央集権的な性格は、ブラックリストが、大規模な通信事業者に影響を与えるという権力の集中を招きます。
最後に、ブラックリストの基準を一極集中で作成しようとすると、事業者や政府の規制当局は、そもそも誰がそのような基準の作成を担当すべきなのかを判断できなくなります。
特定の地域でブラックリストが作動しているにもかかわらず、
統一されたグローバルなブラックリストが存在しないため、盗難された携帯電話は国境を越えるだけで再び使用できるようになります。
このように、盗まれたスマートフォンの国際的な闇市場が形成され、その価値は日に日に高まっています

LOX Networkの登場

LOXNetworkでは、世界初の完全分散型セキュリティネットワークを開発したことを誇りに思っています。
世界初の完全に分散化されたセキュリティネットワークを開発しました。

世界的な電話盗用業界をターゲットにして、分散型ブラックリストで解体するように設計されています。個人が電話の盗難を報告できるようにしています。
IMEIブラックリストのコアコンセプトは健全ですが、中央集権的な当事者によるそのようなブラックリストの実行はそうではありません。
行うことはできません。サトシ・ナカモトがビットコインのホワイトペーパーで分散型台帳技術を初めて説明したとき盗難端末の取引をなくすための技術が登場したことが明らかになりました。


<<非中央集権的IMEIブラックリストは全員にメリットがある>>

複数のデバイス間のコントロールを確実にするためにデュアルNFT所有権証明モデルを使用して、LOXNetworkは、デバイスの所有権をワイヤレスキャリアではなく、所有者の手に委ねます。
Ethereum、Solana、Polkadotなどのオープンブロックチェーンプロトコルを使って誰もが構築できるように、開発者、通信事業者、法執行機関、保険会社、個人がLOX Networkの分散型ブラックリストAPI統合を利用してアプリケーションを作成することができます。
また、LOXモバイルアプリや、近日公開予定のLostorstolen.ioウェブベースのアプリからもアクセスできます。誰もがデバイスのステータス情報にアクセスできます。LOX規格は、ロック解除された携帯電話の市場が世界中で急増している今日の市場では特に重要です。
米国では、第1四半期にロック解除された携帯電話の販売台数が22%増加したと報告されています。

スクリーンショット 2021-12-04 0.43.12

<<世界の無線インフラを統合する>>

300億ドル規模の不正電話取引は世界的な問題であり、ネットワークに依存しない普遍的なブラックリストが必要です。
LOX Networkは、盗難された携帯電話の報告とブラックリスト登録のハードルを下げることで、デバイス対策のための初のクラウドソース・ソリューションを提供します。

パブリックブロックチェーンの特性としてブラックリストをデフォルトで公開することで、携帯電話のIMEIステータスを隠すことができなくなります。
中央集権型、分散型を問わず、マーケットプレイスが優良なステータスのデバイスを安全に販売できるようになります。

ネットワークや地理的位置に依存しないブラックリストは、新興の
分散型マーケットプレイスに相互運用可能なインフラを提供します。

スクリーンショット 2021-12-04 0.47.38

LOX Networkの構成要素

LOXNetworkは、Hyperledger fabricを用いて構築されているハイブリッド・ブロックチェーンで、XRP Ledgerへの取引を記録します。
XRP台帳にトランザクションを記録し、Ethereum Virtual Machine (EVM)を使用してTuring CompletenessのためにFlare Networkと相互運用しています。
Ethereum Virtual Machine (EVM)を使用して、Flare Networkと相互運用しています。LOXネットワークでは、当社のNFTプラットフォームであるSmartNFTと
モバイルセキュリティアプリケーションであるSmartLOXが設置されています。

LOX Networkを動かしているのは、ネイティブ通貨であるLOXです。このトークンは、LOXネットワークを介して LOX Networkを介した契約のやり取りを実行します。

LOX Networkのチームが構築する最初の2つのアプリケーションは、SmartNFTというNFTプラットフォームとモバイルセキュリティアプリケーションのSmartLOXです。
SmartNFTはNFTプラットフォームで、ユーザーが自分自身や自分のデバイスのデジタル画像を作成することができます。
SmartNFTプラットフォームは、他のNFTマーケットプレイスと同様に機能します。SmartNFTプラットフォームは、他のNFTマーケットプレイスと同じように機能し、ユーザーはQRコード化されたNFTの中に、名前、メールアドレス、その他の関連情報を含む、自分自身や自分のデバイスのデジタル表現を作成します。

ユーザーNFTが作成されると、ユーザーはデバイスのメーカー、モデル、IMEI番号、その他の識別情報を含む自分のデバイスのデジタル表示を作成することができます。

SmartLOXモバイルセキュリティアプリは、LOX Networkを使用して、モバイルアプリケーションに保存されているユーザーのプロファイルNFTとデバイスを識別し、橋渡しします。
ユーザーのプロファイルNFTとSmartNFTプラットフォームに格納されたデバイスNFTを識別して、XRP Ledgerの分散型取引記録に裏付けられた所有権証明書が作成されます。Flare Networkのパワーと、XRP台帳のスピード、信頼性、コスト効率、そして最も重要なことは、XRP台帳の分散化を利用することです。

XRP Ledgerのスピード、信頼性、コスト効率、そして最も重要な分散性を利用して、LOX Networkで記録されたすべてのアクションは、XRP Ledgerのスキャナーで検証可能です。
XRPScanやBithompのような公共のXRP Ledgerスキャナーで検証可能となり、検証可能で反論の余地のない文書と不変の証明を作成します。

LOX Mobile App

スクリーンショット 2021-12-04 1.20.10

LOX Security App (SmartLOX)を使用することで、
LOX Networkの所有権証明システムにアクセスする複数のデバイスのセキュリティ、所在、所有権を管理することができます。
所有権証明とは、割り当てられたデバイスの所有者をホワイトリスト化するものです。
割り当てられたデバイスの所有者をホワイトリストに登録することで、ホワイトリストに登録されていないユーザーを排除し、盗難を検知します。

LOX Security App suiteを使えば、ユーザーは以下のことができます。
デバイスのセキュリティステータスの確認
デバイスのリモートロック
デバイスのリモートバックアップ
デバイスのリモート検索
デバイスのブロックとブラックリスト化
新しいユーザへの所有権証明の転送
紛失/盗難にあったデバイスの回収に報酬を提供
紛失したデバイスの発見に対する報酬の確保
紛失したデバイスの所有者への返却に対する報酬の確保

LOX Security Appの初期展開はスマートフォンに限定されていますが、今後の開発マイルストーンではスマートウォッチやラップトップなどのネットワークに接続されたデバイスや、E-BIKEなどの高額商品にも対応する予定です。

LOXセキュリティタギング

LOXのブラックリスト技術は、主にIMEI、シリアルナンバー、IPアドレスのトラッキングに依存しています。
ネットワークに接続されたデバイスの紛失や盗難を識別し、位置を特定し、ロックします。
しかし、盗難に遭いやすいアイテムのすべてにネットワーク接続や識別データが含まれているわけではありません。
また、スマートフォンなどの高額商品が盗まれた場合、所有者はブラックリストに登録するだけでなく、可能な限り回収したいと考えるのが当然です。
ブロックチェーンは、小売業における偽物や非正規品の対策にも非常に有効であることが証明されています。
小売業の商品にタグを付け、その生産過程やライフサイクル全体を追跡することで
ブロックチェーンを利用したプラットフォームは、分散型台帳技術が追跡調査のユースケースにも有効であることを証明しています。
LOX Networkは、所有物のセキュリティを確保するために構築された分散型ネットワークであり、そのために私たちは現在、LOX Nano Security Tagを開発しています。
現在、LOX Nano Security Taggingを開発しています。これは、Microdot Technologyを使用してアイテムにタグを付け、追跡するための目に見えない方法です。
貴重品にMicrodotsのタグを付け、LOXネットワークに登録することで、あなたの所有権は明らかになります。万が一、そのアイテムが紛失したり盗まれたりした場合でも、簡単に追跡することができます。
MicrodotベースのLOX Security Tagがあれば、簡単に追跡することができ、自分のものであることがわかります。

<<LOXネットワークAPI>>

LOX Networkは、無線通信事業者とデバイスの所有者を結びつけるグローバルなブラックリストという、満たされていないニーズを捉えています。
そのため、LOX Networkのデータは、以下のような多くのワイヤレスエコシステム参加者にとって非常に価値があります。
上述の企業を含む誰もが、LOX APIを使用してLOX Networkのデータを迅速かつ安全に受け取ることができます。
さらに、ブロックチェーンが受信サービスに採用され続けるにつれ、スマートコントラクトは標準化されていきます。

LOXの報酬構造


LOXトークンは、LOXネットワークのネイティブ通貨として機能するユーティリティートークンです。

LOX Networkのミッションの中心は、グローバルなデータ共有によるデバイスの回復です。LOXにはミッションの成功にインセンティブを与える報酬構造として、3つの機能があります。

スクリーンショット 2021-12-04 1.27.33

①デバイスの所有者は、紛失や盗難にあったデバイスをに懸賞金($LOX)を設定することができます。

紛失したデバイスを発見したユーザーデバイスを発見し、正当な所有者に戻した場合報酬が支払われます。$LOXで支払われます。

ブラックリストに登録されたデバイスを発見したユーザーは報酬を受け取ることができます。$LOXで支払われます。

<<支払い方法>>

LOX NetworkのサービスにアクセスするにはLOXが必要ですが、初期段階では他の通貨は支払いに使えません。
BTC、ETH、XRPなどの通貨を使った支払いを、まとめてLOXに交換することを計画しています。

トークンバーン

第一段階では、ネットワーク製品やサービスの支払いに使用された$LOXトークンは、次の財務四半期の初めに燃やされます。そのため、各会計年度は4回のトークンバーンを行います。その前に、前四半期の財務報告が行われます。
トークン消費とトークン排出のバランスをとるため、メインネットの立ち上げ前に、SmartNFTとSmartLOXの間でガバナンス投票が行われ,SmartNFTとSmartLOXのトークン保有者の間で下記が決定されます。
・トークンバーンプログラムの期間
・年間のトークン排出量

<<ガバナンス>>

すべてのネットワークのルール、標準、メカニズム、および方向性は、透明性を持って説明され、組織され、そして制定されます。
DAO(Decentralized Autonomous Organization)であるLOX Foundationによって制定されています。
LOX Foundationに参加して提案、投票、ガバナンスの決定を行うにはSmartNFTトークンまたはSmartLOXトークンをウォレットに入れておくだけで参加できます。どちらのトークンも、ホルダーはプラットフォームの将来の方向性を決定するすべてのガバナンス問題に参加することができます。

<<投票の実施>>

LOX議会に問題を提案するには、提案者がSmarNFTまたはSmartLOXを賭けます。
その後のトークン保有者は、元の金額と同額のトークンをステークすることで、国民投票を支持することができます。その問題が十分な担保を得て公式のガバナンス問題となると、その問題は評議会全体の投票にかけられます。
議会全体で投票が行われ、その結果はプロトコル上の拘束力を持つことになります。

<<ステークプレディング>>

すべてのトークン保有者は、保有するSmartNFTまたはSmartLOXトークン1つにつき1票の投票権を有します。ただし、一部のクジラになることで、ネットワークの方向性をコントロールするために投票権を集約することを選択する人もいます。
または、大きなウォレットを持つ個人が小さなウォレットを支配することを目的とすることがあります。

このような事態を避けるために、小規模なウォレットがより大きな議決権を持てるように、ステーク・サンプル機能を設けました。小規模ウォレット(合計1%以上)は、最大30日間、自分のトークンを自分の投票に賭けられます。ステークプレッジが長ければ長いほど、その投票の重みが増し、小規模なウォレットがコミットメントを示すことで、より大きな規模でガバナンスの決定に影響を与える手段となります。

SmartNFTとSmartLOXのトークノミクス

トークノミクス構造は両方共通

最大供給量は10億トークン 
12.5% エアドロップ
12.5% コミュニティ
10% チーム
2.5% アドバイザー 
7.5% 法務
15% マーケティング 
20% 開発 
20% 予備

スクリーンショット 2021-12-04 1.47.02

LoxNetworkトークノミクス

最大供給量は10億トークン

 IDO 50%
リスティング 30%
ステイキング報酬 20%
IDOで残ったトークンはLoxDAOのリザーブに充てられる

スクリーンショット 2021-12-04 1.49.36

SmartNFTまとめ

SmartNFTは、LOX Networkブロックチェーン上に構築されたNFTプラットフォームで、すべてのユーザーとデバイスのQRコード化されたNFTを保管します。SmartLOXのモバイルセキュリティアプリは、NFT表現を参照して、モバイルデバイスとユーザーを確認し、バインドします。トークンであるSmartNFTは、NFTプラットフォームを司るXRPLトークンです。
SmartNFTは、エコシステムの3つのXRPLトークンのうち最初のもので、2021年8月28日に発売され、エアドロップで配布されました。SmartNFTトークンは、SmartNFTプラットフォームのガバナンスに使用され、ユーザーやデバイスのプロファイルとペアリングするアートワークの購入に使用されます。さらに、LOXトークンを獲得するためにステークすることもできます。

SmartLOXまとめ


SmartLOXは、LOX Networkブロックチェーン上に構築されたモバイルセキュリティアプリです。SmartLOXは、SmartNFTプラットフォームを参照して、ユーザーとデバイスのQRコード化されたNFTを識別し、橋渡しすることで、ユーザーであるあなたが特定のデバイスの正当な所有者であることを明確にする所有権証明の紐付けを作ります。
SmartLOXは、このエコシステムの3つのXRPLトークンのうちの2つ目のトークンで、2021年9月5日にSmartNFTの全保有者を対象にスナップショットを行い、さらにエアドロップで配布されました。SmartLOXトークンは、SmartLOXモバイルアプリケーションのガバナンスや、アプリ内サービスの購入に使用されます。また、SmartLOXをステークしてLOXトークンを獲得することもできます。

LOXまとめ


LOXは、LOX Networkブロックチェーンの基本通貨であり、LOX Networkのすべてのアクションの支払いのためのシステムです。LOX Networkは、EVMを使用したTuring CompletenessのためにFlare Networkを使用し、XRPLで取引を記録します。SmartNFTプラットフォームとSmartLOXモバイルセキュリティアプリケーションは、いずれもLOX Technology Limitedの製品であり、LOX Networkの上に構築されます。
LOXは、2021年9月10日、XRPL分散型取引所のIDOを介して、エコシステムの3つ目のXRPLトークンとなります。

ロードマップ


LOX Networkは、2020年の第3四半期にEthereumのプロジェクトとして立ち上げられました。プロジェクトの開発が進むにつれ、イーサリアムのガス料金は、LOXが意図するマイクロトランザクションの使用には不経済になり始めました。
LOX Networkを利用するために名目上の料金を支払うと、その取引のための支払いに耐えられないガスが発生することを想像してみてください。

ロードマップ

Q4 – 2021
コミュニティ構築 開発チームがモバイルアプリケーションのMVPに選出(社内) ホワイトペーパー v2

Q1 – 2022
テクニカルペーパー v1 消費者の採用 商業的パートナーシップ モバイルアプリケーションのアルファ版リリース(非公開)

Q2- 2022
商業的導入
メインネットの立ち上げ (Flareを申請中)
モバイルアプリケーション ベータ版のリリース(クローズド公開)

Q3 – 2022
モバイルアプリケーションのゴールドリリース(最終公開)
lostorstolen.co.uk 最終リリース(アプリのウェブ版)
ナノタギング導入(マイクロドット技術)

Q4 – 2022
LoxDAOの稼動開始
Givトークンの発売 さらなる開発とパートナーシップ

Q1 2023
新機能導入(フェーズ2)スマートウォッチ、ノートパソコンなど盗難に遭いやすい高額商品

2021/12/4 Whitepaper V2から引用。

コメント

タイトルとURLをコピーしました