クロスチェーンとは?用語の意味と特徴について簡単解説!

用語集

クロスチェーンって何?ブロックチェーンと似てるけど同じなの?

異なるブロックチェーン上の通貨同士を第三者(取引所等)を介さずに

直接交換できる技術のことだよ!

クロスチェーンとは?

クロスチェーンは異なるブロックチェーンをまたぐことを意味します。現状互換性がないブロックチェーンに存在する二つの通貨を交換するには取引所などで取引をして交換する必要があります。

一方で、クロスチェーンがあれば取引所等の第三者を介することなく直接交換することが可能になります。これによってユーザーは手数料の問題やセキュリティリスクを回避することができます

取引所などに仮想通貨を預けておくとハッキングなどのリスクがあります。クロスチェーンがあればそのような危険性を回避した上で、異なるブロックチェーンの仮想通貨と交換することが可能です。

・異なるブロックチェーンの通貨同士を第三者を介さずに直接交換することができる仕組み
・従来の取引所を介す際の手数料、セキュリティ問題の解決に繋がる

クロスチェーンの仕組み

クロスチェーン取引を実現する技術は「アトミックスワップ」と呼ばれており、2017年9月にはビットコインとライトコインとの間で世界初となるアトミックスワップが成功しています。

アトミックスワップとは

第三者を介さずに異なるブロックチェーン間の仮想通貨同士を直接交換することを指します。

わかりやすく説明すると

太郎が保有しているライトコイン(Litecoin)を使って、花子とビットコイン(Bitcoin)で取引する時を例に説明します。

まず、太郎はコントラクトアドレスに保有しているLTCを預金します。このコントラクトアドレスが作成されたら、太郎はこれにアクセスするための鍵も発行します。そして、この鍵の暗号化されたハッシュを花子に共有します。
ここで注意が必要なのは、花子は鍵のハッシュしか知らず、鍵そのものは知らないので、まだLTCにアクセスすることはできません。

次に、花子は太郎から提供されたハッシュを使い、もう1つ保管用のコントラクトアドレスを作成し、そこにBTCを預金します。BTCを手に入れるために、太郎は同じ鍵を使い、これによってハッシュロックという特別な機能を使うことで、花子に鍵を公開します。つまり、太郎がBTCを手に入れようとすると、花子はLTCを手に入れることができ、そしてスワップが完了します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました